在来工法 HOUSE
山中商事の木造在来工法
木造在来工法は、日本の伝統的な建築工法で、今日でも最も主流な建築工法です。
弊社でも時代の変化と共に発展してきた建築工法です。
弊社が提供する木造在来工法の建築は50年以上の実績があり、安心して住んで頂けるお住まいをお届けしております。

工法

まず、基礎の上に土台を施工し、柱と梁を軸組にして組み立てていきます。
次に、柱と梁で囲まれた空間の中に筋交いという建材を対角線上に施工し、
金物で繋ぎ止め、構造用合板を打ちつけ耐力壁をつくり耐震性を確保します。
そして、たくさんの職人の手を借り内装・外装工事を平行して進めていき、完成させます。

特徴

柱を軸組にして組み立てて壁を作るため、
間取りの広さ・開口部の広さ等の制限を受けにくくお客様の理想の間取りを
比較的自由に設計することができ、敷地をフル活用できます。
また、木材には天然の調湿作用があり、通気性の優れた、居心地の良い空間が生まれます。
木造在来工法は四季の変化が美しい日本の風土のあった建築工法です。